.

労働保険について


中小事業主等の特別加入

特別加入制度


労働者以外で、その業務の実情や災害発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが 適当であると認められる一定の方(事業主や一人親方等)に特別に任意加入を認めているのが、 労災保険の特別加入制度です。


特別加入の条件


中小事業主等が特別加入するためには、下記の2つを満たすことが必要です。
家族従事者など労働者以外で業務に従事する方がいる場合は、事業主と包括して特別加入することができます。

1, 年間100日以上労働者を使用し、労災保険が成立していること。

2, 労働保険事務組合に、労働保険事務処理を委託していること。



特別加入保険料の計算


中小事業主(一人親方)は労働者と異なり賃金という形態がないため、加入希望者の所得水準に見合った日額を選択し、その選択した日額に365を乗じた額を年間の賃金総額とし、業種に応じた労災保険料率を乗じて保険料を算出します。
* 年度途中の加入は加入月から年度末までの加入月数に応じて月割計算されます。

給付基礎日額・保険料 

給付基礎日額
年間保険料(12ヶ月)
建築事業
(1000分の9.5)
既設建築物設備工事業
(1000分の12)
(参考)一人親方等
(1000分の18)
3,500円 12,131円 15,324円 22,995円
4,000円 13,870円 17,520円 26,280円
5,000円 17,337円 21,900円 32,850円
6,000円 20,805円 26,280円 39,420円
7,000円 24,272円 30,660円 45,990円
8,000円 27,740円 35,040円 52,560円
9,000円 31,207円 39,420円 59,130円
10,000円 34,675円 43,800円 65,700円
12,000円 41,610円 52,560円 78,840円
14,000円 48,545円 61,320円 91,980円
16,000円 55,480円 70,080円 105,120円
18,000円 62,415円 78,840円 118,260円
20,000円 69,350円 87,600円 131,400円
22,000円 76,285円 96,360円 144,540円
24,000円 83,220円 105,120円 157,680円
25,000円 86,687円 109,500円 164,250円