.

一人親方部会

労災保険の加入時の手続き、必要な書類について

一人親方労災保険料


労災保険料は、給付額の計算の基礎となる、給付基礎日額によって算定します。

年度途中の加入は、上記年間保険料を月割りで計算します。


加入金・部会費・事務手数料


建設連合・滋賀県建設組合の組合員(建設連合国民健康保険の被保険者)は、加入金・部会費は必要ありません。
建設連合国民健康保険と同時に一人親方労災保険に加入手続きをすると、部会加入金・部会費が免除されるだけではなく、初年度の事務手数料が2,000円お安くなります。
(他のキャンペーン割引とは併用できません。)



当部会には、更新を続けて長く加入すると、事務手数料が安くなる「長期継続割引制度」があります。



毎年開催される安全衛生講習会に参加すると、更に2,000円お安くなります。(最安6,000円)

 部会費・事務手数料は、加入時及び年度更新時に年度一括で、納入していただきます。
 次年度の更新から、ご希望の銀行口座から引落ができます。(ゆうちょ銀行を除く)
 事務手数料は、年度内一律です。年度途中に脱会されても、返金できません。


加入時のお支払い


労災保険料の試算表 (平成30年4月保険料率変更)
給付基礎日額:
加入月:
建設連合国保加入:

労災保険料 = 
支払総額  = 

※支払総額は、労災保険料、事務手数料、【部会費、加入金(部会員のみ)】の合計です。
 各種割引等は計算に反映されません。