.

小規模企業共済について

共済金等の受取り

共済金の受取り


共済金は廃業時・退職時(共同経営者の方は、個人事業主の廃業に伴う退任など)に受とれます。満期はありません。共済金等の受取りは、共済事由により受取り額が異なります。

※ 平成28年4月1日一部改訂があります。条件等詳細はお問い合わせください。


  1. 個人事業主の共済金等の事由
詳しく見る
  2. 共同経営者の共済金等の事由
詳しく見る
  3. 会社等役員の共済金等の事由
詳しく見る



共済金の受取り例


共済金の受取りは「一括」「分割」「一括と分割の併用のいずれかを選択できます。税法上、一括受取りによる共済金は「退職所得扱い」、分割受取りによる共済金は「公的年金等の雑所得扱い」となります。

 掛金月額が10,000円の場合
掛金納付年数 掛金合計額 共済金A 共済金B
5年 600,000円 621,400円 614,600円
10年 1,200,000円 1,290,600円 1,260,800円
15年 1,800,000円 2,011,000円 1,940,400円
20年 2,400,000円 2,786,400円 2,658,800円
30年 3,600,000円 4,348,000円 4,211,800円
※ 共済金等の額は、経済情勢等が大きく変化したときには、変更されることもあります。